読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリタカだいありぃ

気になること知りたいことをもう少し。

南京町春節祭り2016日程!最寄り駅やパレードコースも紹介


スポンサードリンク



f:id:snowgies:20160203182107j:plain

 

日に日に春節の話題が多くなってきました。

中国の春節と言えば、ド派手な花火と爆竹のイメージですが、

今年は深刻な大気汚染の影響で、上海市中心部では爆竹の販売・使用が禁止になり、

代わりに煙も火も使わない電子爆竹の売れ行きが好調なんだとか^^;

春節とは

中国や香港、台湾、シンガポール、マレーシアやベトナムなど、

旧暦の正月を「旧正月」または「春節」と言います。

新暦より旧暦の正月の方を盛大に祝う習慣があり、日本のお正月のように

年末年始の祝日連休を使い、実家に帰省をしたり、旅行へ行ったりと大移動があります。

 

今年2016年の春節は、2月8日です。

 

この時期は中国からの日本への旅行客がとても多く、

ニュースでは、もう旅行客が増え始めているようで、

格安航空会社の週末の日本便は、ほぼ満席状態なんだとか。

南京町春節祭について

日本三大中華街の一つとされる兵庫県・神戸にある南京町

この時期の恒例行事が「南京町春節祭」です。

1997年に神戸市の地域無形民俗文化財に指定されるなど、

毎年、開催期間中30万から50万の人が訪れる神戸の一大イベントになっています。

歴史も古く第1回目が1987年で、今年がちょうど30年目を迎えます。

昭和天皇崩御に伴い1989年と阪神淡路大震災のあった1995年以外は、

毎年開催されて今回が28回目になります。

南京町という地名は存在しない!?

神戸のチャイナタウンとして全国的に有名な「南京町」ですが、

意外にも「南京町」という正式な地名や住所はありません。

中華街のある元町通と栄町通をまたがるエリアの呼び名、通称名です。

元々は戦前、中国人街のことをどこでも「南京町」と言っていたそうで、

戦後、その呼び名が神戸のこのエリアだけ残り、今に至るようです。

◎2016年の開催日程

今年の開催日は、プレイベント日として2月7日(日)、

春節当日の2月8日(月)、そして建国記念の日の11日(木)、

12日(金)、13日(土)、14日(日)の計6日(プレイベント含め)です。

・2月7日(日):午後3時ごろ~午後5時30分ごろ
・2月8日(月):午前11時~午後5時
・2月11日(木):午前11時~午後7時
・2月12日(金):午前11時30分~午後7時
・2月13日(土):午前11時~午後8時
・2月14日(日):午後8時~午後8時30分

開催期間中、メイン会場の南京町広場などで30分おきぐらいの間隔で、様々な演目が開催されます。

詳しいイベントのスケジュールは、南京町商店街振興組合の春節祭公式サイトをご覧ください。

https://www.nankinmachi.or.jp/event/shunsetsu/2016/schedule.html

◎イベント会場への最寄り駅について

南京町に一番近いのは、地下鉄の「旧居留地・大丸前駅」でしょう。徒歩で約2分くらいです。

また、駅周辺や大丸がパレードのルートになっていますので、パレードを見に行く方にも、この駅がいいかもしれません。

その次はJR神戸線の「元町駅」と阪神電鉄の「元町駅」が徒歩で約5分。

メイン会場となっている「南京町広場」が一番近いのは、元町駅かもしれません。

JR神戸線の「三ノ宮駅」と阪神電鉄阪急電鉄及び地下鉄「三宮駅」からは、徒歩で約10分ぐらいです。

ただ、イベント開催中はとても混雑が予想されるため、時間には余裕をもっておいた方がいいと思います。

引用:神戸新聞社より


スポンサードリンク

 

◎パレードとコースについて

南京町春節祭の恒例イベントの一つが「中国史人游行(ゆうこう)」と言うパレードです。

項羽劉備曹操孔明楊貴妃・・・三国志などの日本でも有名な中国の歴史上の人物が男女10名ずつ、計20人が華やかな京劇の衣装を着て、南京町をねり歩きます。

今年は2月8日(月)に開催されます。

お昼の12時に南京町広場で人物紹介が行われ、その後パレードが始まります。

途中バス移動や休憩をはさみ、パレード一行が南京町広場へ戻ってくるのが午後5時の予定です。

パレードの詳しいコースはこちらです。

f:id:snowgies:20160203181937g:plain

引用:南京町公式サイトより

◎少し足を延ばして神戸の夜景を

南京町春節祭を楽しんだ後、時間があればおススメなのが「まやビューライン」です。

三宮駅からバスで約25分ほどの場所に摩耶山があり、

山の麓からケーブルカーとロープウェイを使って山頂へ登れます。

2月6日(土)~14日(日)の春節時期だけ、特別に夜間の営業を延長しています。

この時期の平日は午後5時30分が山頂の駅からの最終なのですが、

この期間中は土日祝日の時間と同じ、最終が午後7時50分まで営業しています。

この時期はとても空気が澄んでいるので、神戸の夜景もよりいっそう綺麗に見られると思います。

*注意:2月9日(火)は定休日のため運休です。

f:id:snowgies:20160203183717g:plain

引用:まやビューライン公式サイトより

◎まとめ

ちょっと気になるのが、一部の週間天気予報で8日の予報が微妙なこと。

せっかくの春節祭のオープニング当日、なんとかパレードの時間だけでも

天気がもってくれると良いのですが・・・。