シリタカだいありぃ

気になること知りたいことをもう少し。

デアゴスティーニ週刊スターウォーズR2-D2の価格は総額いくら?期間は?


スポンサードリンク



f:id:snowgies:20171110003125j:plain

最新作のエピソード8「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開が来月12月15日(金)と迫ってきて、なんだか少しずつソワソワとしてきてました^^

そんな中、来年1月にデアゴスティーニから週刊スターウォーズ R2-D2が発売されることになりました。

可愛らしいR2-D2を完成させるには、いったい総額いくらになるのか?
完成するのはいつになるのか?などを
いつものように気になっちゃったので調べてみました^^;

◎サイズや特徴について

引用:Deagostini Japanより


スポンサードリンク

 

サイズは、高さ:約474mm
     幅 :約312.5mm
     奥行:約302mm
     重量:約6.8kg

寸胴なので^^なかなかの存在感はありますよね…。

難しいことは一切不要で、面倒なプログラムも必要ありません。

必要なのはプラスドライバー(#1/#2)とピンセット、

ラジオペンチ、カッターナイフと瞬間接着剤、

多用途接着剤、サンドペーパー(200)などです。

R2-D2の操作は、声で操作するボイスコマンドと

スマホタブレットの専用アプリ(AndroidiPhone)での2種類で行います。

個人的に面白いなぁと思ったのはプロジェクター機能♪
映画のようにホログラムとはいきませんが^^

現在、発表になっている情報で気になるものをいくつか挙げてみました。

・フル充電したR2-D2の稼働時間は、約2時間

・フル充電するには、空の状態から約3時間必要

・ボイスコマンドは、「前進」「右へ」「左へ」「プロジェクター」
「ダンス」「ライトセーバー」など8~10種類の予定

・プロジェクターを使用するのに適切な距離は、
壁や平面の投影対象から約30センチ

・バッテリーの種類は、リチウムイオン電池

・ビデオの撮影時間は、最長で約1分前後

R2-D2の音声は、映画と同じ音声

・ビデオ/静止画カメラの画素数は、約92万画素

◎完成はいつの予定?

創刊号が2018年1月4日(木)に発売されて、

完成するのに全100号の予定なので、

第100号が発売されるのは、2019年11月28日(木)です。


スポンサードリンク

 

◎総額はおいくらに?

創刊号が、特別価格の499円。
2号目以降は、通常価格の1,998円。
第90号(予定)の1冊だけが、バッテリー関連の付属パーツにより4,980円。
なので、総額は、201,283円となります。

ただし…上記の金額は全て税込み価格なのですが、8%です。

今のところだと、予定通りに消費税10%へ上がるとすると、2019年10月です。
なので、最後の数号が10%になるかもですね。

◎おわりに、

来年1月から発売されるデアゴスティーニの週刊スターウォーズ R2-D2

価格などを調べてみました。

R2-D2と言えば、2年ぐらい前に実物大の冷蔵庫が

約100万円で発売になったのが話題になりました。

実物を飾ってあるのを見ましたが、けっこうな存在感がありました^^;

冷蔵庫と言っても、350ml缶が6本しか入りませんが…。

引用:Engadget JP Newsより

 
スポンサードリンク